多くの時間や費用を投じても、実際に売れなければ損失ですよね。
では、インターネットを必要としない
「紙」と「ペン」を活用した情報販売は何をするかというと、たったこれだけでいいのです。